体調が優れない

不調の原因と私のやった対策についての体験談

体調を良くするおススメレシピ

      2017/12/22

shokuji-2

何だか元気が出なくて食事を摂るのすら億劫・・・・・・そんな時ってありますよね。

でも、そんな時だからこそ美味しいものを食べて英気を養うことが明日への活力へとつながります。

私は長い独身生活を送っていたので「趣味は料理です」といえるくらいには料理をやっていて、今では妻よりも料理に詳しいくらいになりました。

ここでは我が家の食卓によく並ぶ元気になれる料理レシピを挙げてみました。

献立に悩んでいる人は参考にして頂ければ幸いです。

コラーゲンたっぷり 鶏の手羽

手羽先のスープ

忙しくて、調理に手をかけられない時ってありますよね。

けれど、忙しい時こそ疲れた体にやさしく、元気が出るような、食事をするべきなのは言うまでもありません。

そんな時におすすめしたいのが手羽中スープです。

 

調理方法はとても簡単。

鶏の手羽中部分を買ってきて、20分程とにかく茹でるだけ。 お好みで他の具材を入れます。

 

茹でている間に時間を他のことに有効活用出来るので、忙しいけどなるべく自炊をしたいという人にはうってつけです。

手羽中がない場合は、手羽先でも一応代用できますが、若干食べにくいのでご注意を。

手羽元はスープを取るとパサついて味も抜けてしまい、この料理には向きません。

 

この料理のポイントはとにかく手羽中をケチらず沢山使うことにあります。

茹であがった手羽中とゆで汁を分けて使うと、一度に2品料理ができるので横着者の私にはピッタリです(笑)

十分に茹でていれば鶏肉の余分な脂やクサみは抜けて、軟らかくなっているはずなので、あっという間においしい煮込み料理に変身します。

補足:うどんにもなる

ゆで汁はうま味たっぷりでかつコラーゲンもたっぷりの無添加スープ。 このスープはクセがなく、万能ですので冷蔵・冷凍してストックするのも一つの手です。

白米を食べるような気分じゃないときはこのスープを「うどん」に利用する手もあります。

スープに醤油と酒を加えて味を整えてそこにうどんを投入します。ある程度煮込んだら、ニラをどっさり入れて完了です。

たったこれだけで十分クオリティの高い『ニラうどん』の完成です。 風邪の時などは、ネギと生姜だけのスープでもいいですね。

.

桃とミルクの簡単デザート

桃とシャーベットのデザート

私は桃が大好きなのですが、これほど当たりはずれの差が大きく、デリケートで扱いづらい果物はないのではないでしょうか?

でもそこがまた桃の魅力です。

ちょっと傷んでしまった桃や、甘みの足りない桃は、即デザートにすることで美味しくいただけます。

もちろん、悼んでなくても甘いおいしい桃で作れば味もひときわです。

 

というわけで、次は桃とミルクを使った口溶けのよいデザートをご紹介します。

ほとんど同じ材料です。ここでは二種類のデザートを紹介します。

1、桃ミルクのシャーベット

一つ目の「桃ミルクシャーベット」は、桃さえ凍らせておけば、食べたい時にサッとかくはんするだけで、あっという間に作れるデザートです。

追加の甘みには、腸内のビフィズス菌を増やしてくれるオリゴ糖を使うのがおススメです。

桃の粘性とオリゴ糖のとろみで、生クリームなしでもトロリとなめらかなシャーベットが出来ます。

 

ただし、これは低脂肪なので長時間冷凍するとカチカチになってしまいます。

それを防ぐには、食べる30分ほど前に冷凍庫から冷蔵庫へ移して自然解凍させることで丁度食べやすい固さにすることができます。

とはいっても、何だかんだでやっぱり作りたてが一番なので、食べたくなったその時に作って食べてしまうのが1番だったりします。

2、桃ソースのミルクかん

二つ目の「桃ソースのミルクかん」は、カンテンを使って固めるヘルシーなデザートで、ごくやわらかいミルクかんに、トロトロの桃ソースがからんで、後をひくおいしさです。

 

※ ※ ※

 

私は、どちらもラズベリーを少々使っていますが、これは色合いを良いピンク色にするためと、少し酸味をつけて味をハッキリさせるためです。

おかしな言い方ですが、その方がビジュアルがより桃のデザートらしくなります。

休日、自宅に居て余裕がある時は“ちょっとひと手間かけた無添加デザート”をぜひ、試してみて下さい。

おすすめ記事

グリナ 1
睡眠サプリの決定版、グリナについて

私は医者から睡眠をしっかり取るように言われて以来、沢山のサプリメントを試してきた ...

 - 体調不良を解消する