体調が優れない

不調の原因と私のやった対策についての体験談

糖尿病と三大合併症

      2017/12/22

糖尿病の三大合併症と言えば神経障害、網膜症、腎症が特に有名です。

糖尿病で治療中の患者さんなら検査結果でいつも気にしている事ですが、ヘモグロビンA1cの値が6.5以上だと合併症は発症しやすくなります。

これら合併症うち最初に現れるのが、糖尿病性神経障害です。

網膜症は気にして眼科を定期受診されている患者さんは多いのですが、なぜか神経障害のことはあまり気にされていないようです。

一口に糖尿病性神経障害と言っても、いくつもあります。脳神経障害では物が二重に見えたり(複視)、顔の半分が麻痺したりします。

脳梗塞のために手足の麻痺が来ることもあります。一番多い形は両手足にしびれ感が出てきます(多発性末梢神経障害)。

そのほかに手のひらだけがしびれる手根管症候群や、大腿部の筋肉が萎縮する筋萎縮症などもあります。

一般的には足にしびれ感を感じるようになったり、診察でアキレス腱反射が出なくなってから気づかれますが、実はそのときはすでにかなり進行しています。

神経障害を早めに見つけることで、糖尿病の治療に関する心構えも変わって来ます。

近年では多くの院が糖尿病性末梢神経障害を早めに見つけるために筋電図検査を行っているので知っている人は多いかもしれませんね。

症状がないうちに早期発見して治療で軽くなった患者さんもいます。

まさか自分は・・・と軽く見ずに、少しでも不安があればお医者さんに診てもらうようにしましょう。

おすすめ記事

グリナ 1
睡眠サプリの決定版、グリナについて

私は医者から睡眠をしっかり取るように言われて以来、沢山のサプリメントを試してきた ...

 - 体調不良を解消する ,