体調が優れない

不調の原因と私のやった対策についての体験談

むくみの改善、予防方法について

      2017/12/22

ashi-mukumi-1

体の調が優れないとき、女性などは手足のむくみにも悩んでいるパターンが圧倒的に多いそうです。

例えばTwitterなどを見てもむくみに悩んでいる人は本当に沢山いますよね。

こんな厄介なむくみを改善するには、何はともあれ睡眠をしっかりとることが一番です。

というのも、睡眠をしっかりとることで、ストレスも消えてホルモンバランスの乱れも改善されていくからです。

ここでは体調不良に深く関係している”むくみ”について書いていきます。参考にして頂ければと思います。

 

「ストレス」と「顔のむくみ」の関係

あなたはストレスを感じる時、同時に顔のむくみにも悩まされていませんか?

実はストレスと顔のむくみには密接な関係があります。

顔のむくみを解消しようと思ったら、第一にストレスを上手にコントロールすることが欠かせません。

 

人間の体は仕事や人間関係などで長期間強いストレスに晒されると、交感神経が優位になって、血管が収縮し血の巡りが悪くなってしまいます。

 

そうなると体の様々な箇所に水分が溜まり、むくみが発生してしまうというわけです。

ですからストレスが溜まっているなーと感じた日は、意識的にゆっくり入浴して身体全体の血行をよくして眠ることが肝心です。

 

また、顔のむくみのメカニズムを理解した上で、自分のむくみが心配のいらない一過性のものなのか、対策しなければいけないレベルのものなのか、きちんと判断することをお勧めします。

日常生活においてストレスを完全にゼロにすることは不可能ですが、好きな音楽を聴いたり、おもいっきり笑ったり、あるいはスポーツをするなどして、ストレスを上手に解消していきましょう。

 

顔のむくみと睡眠の関係

これはあまり知られていませんが、顔のむくみと睡眠には大きな関係があります。

休日に寝過ぎたり、あるいは激務続きで寝不足が常態化すると顔のむくみが生じてきます。

適度な睡眠を取ることよって、ホルモンの分泌が正常化します。それによって自律神経の働きもバランスがとれて血行不良が改善され、結果的にむくみも解消されるわけです。

 

睡眠時間が不足していたり、睡眠の質が悪かったり、あるいは疲労が溜まった状態が続くと、体調が優れないだけでなく二酸化炭素などの疲労物質が細胞内に蓄積されて、細胞が酸素不足の状態になってしまいます。

酸素不足になった細胞に酸素を供給しようと血管が拡張して血流量が増えるのですが、静脈から回収する水分量が追いつかず余分な水分が皮下組織に溜まりむくみとなってしまうのです。

その余分な水分が、翌日の朝に顔のむくみとなって現れるのです。

 

また、うつぶせで寝ると、顔のむくみは発生しやすくなります。

赤ちゃんの80%はうつぶせ寝にもなりますが、びっくりするほど顔がむくんだりします。

これは水分がそこに滞ってしまうことが原因です。

顔のむくみを改善したいなら、就寝前の過度の飲料は控え、また枕を高くしうつ伏せ寝を避けることが大事です。

おすすめ記事

グリナ 1
睡眠サプリの決定版、グリナについて

私は医者から睡眠をしっかり取るように言われて以来、沢山のサプリメントを試してきた ...

 - 体調が優れない